【アルゴリズム】Googleからの「専門性」に関する質問に答える

Googleからの質問は厳しいですね~

Googleからの「専門性」に関する質問

「ウェブマスターセントラルブログ」の2019年8月1日(木)の記事で、ブログ作成者が自己評価すべき事項として記載されています。
なお、機械的に翻訳したまま記載していますので、分かりにくい日本語になっています。

コンテンツは、明確な情報源、関係する専門知識の証明、著者またはコンテンツを公開しているサイトの背景情報(著者ページへのリンクやサイトの概要ページなど)など、掲載されている情報が信頼性の高いものであることを示すための情報を提供しているか?

「明確な情報源や引用元・権威ある著者から得た信頼できる情報を基にして、またそれを適切に証明して情報を発信していますか?」という意味でしょう。
伝聞情報を基にした、適当な記事を書いていてはダメということですね。
インターネット上の情報は信頼できない情報や2次情報が溢れていますので、引用するにしても注意が必要です。

コンテンツを制作しているサイトを調査した場合、そのトピックに関する権威者としてそのサイトが信頼されている、または広く認識されているという印象を受けるか?

「あなたのサイトの雰囲気は記事内容にマッチし、読者からオーソリティとして信頼されるような印象を持たれるようなサイト作りをしていますか?」という意味でしょう。
記事内容だけではなく、サイトのデザインや構成についてもオーソリティとして信頼されるような工夫が必要です。

コンテンツは、トピックに関して明らかに充分な知識を持つ専門家や愛好家によって書かれているか?

これも記事内容の信頼性についての質問ですね。
いい加減な内容の記事では全然評価されないということです。
専門的知識、またはよく知っている事項を基にして記事を作りましょう。

コンテンツに明らかな誤情報がないか?

「すぐ分かるような間違ったことを堂々と記事に書いてませんか?」ということでしょうか。
読者に提供する記事内容については、正確な記事を心がけましょう。

お金や人生を左右するような問題について、このコンテンツを安心して信頼できるか?

お金や生命・健康に関連するような記事を書く場合、その記事は本当に信頼できて、安心して記事どおりに実践できますか?」という意味でしょう。
お金や命に関わる内容の記事は、特に専門性が問われます。

まとめ

ブログの記事も検索順位を上げようと思えば適当に考えて書いていてはだめですね。
読者から信頼されるオーソリティとして、正確な記事を書けるように心がけます!