【アルゴリズム】Googleからの「コンテンツと品質」に関する質問に答える

ブログを書く人は誰しも気になるグーグル検索順位・・・
Googleのサイトには「Googleウェブマスター向け公式ブログ」というタイトルで、「Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報」を公表しています。
情報元 https://webmaster-ja.googleblog.com/2019/10/core-updates.html

この記事の中で、「Googleからのコンテンツと品質に関する質問」というのがあります。
この質問に「はい」と答えられないときは検索順位が上昇しないか下がるかなので、「はい」と答えれるようにしたいものです。

Googleからの「コンテンツと品質に関する質問」

「Googleウェブマスター向け公式ブログ」の2019年10月1日(火)の記事で、ブログ作成者が自己評価すべき事項として記載されています。

コンテンツは、独自の情報、レポート、研究、分析を提供しているか?

よく目にする「コンテンツ」という言葉は、Webサイトに含まれる情報の内容のことです。
グーグルは、「あなたのブログの記事内容は、オリジナルの情報や調査事項、分析事項ですか?」と質問しています。
なかなか厳しい質問ですね。
これからブログの記事を書く時は、オリジナルな事項を何か付け加えなければいけないです・・・

コンテンツは、特定のトピックに対して包括的または完全な説明を十分に提供しているか?

グーグルの質問は、「あなたのブログの記事内容は、書かれている内容だけでトピックを充分説明していますか?」ということですかね。
よく言われるブログの記事は1000文字以上必要ということに関連しています。
少ない文字数では、トピックの説明が完全にできないですから。

コンテンツは、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?

グーグルの質問は、「あなたのブログの記事内容は、物事を深く鋭く分析してますか?また、まだ知られていない新しい情報を提供していますか?」ということですね。
つまり、深く分析していない記事は、グーグルから評価されないということです。
また、「興味深い情報」を記事にする必要があります。

コンテンツが他の情報源から得られたものである場合、単なるコピーや書き換えでなく、付加価値とオリジナリティを十分に提供しているか?

グーグルの質問は、「あなたのブログの記事内容は、他の記事をコピペしたり、単なる書き換えたものにしてませんよね?」ということです。
また、「ソースを基にしていても、付加価値を付け加えて記事を書いてますか?」ということですね。
この記事も他のソースを使用していますが、付加価値を付け加えるほど知識がまだないのが辛いです。

見見出しやページタイトルは、内容を説明する有用なものになっているか?

これは、分かりやすい質問ですね。
今後は見出しとタイトルで記事内容が分かるように工夫します!

見出しやページタイトルは、コンテンツを誇張したり、読者に強いショックや不快感を与えたりするものでないか?

これも分かりやすい質問です。
見出しやタイトルに「100%~」とか誇張した表現はNGです。

ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?

うわー、これは分かりやすいけれども厳しい質問ですね!
当分は「はい」と答えられそうにないです。

コンテンツは、雑誌、百科事典、書籍に掲載または引用されるような価値があるか?

紙の雑誌や本、百科事典は信頼できるメディアということですね。
インターネットの情報は伝聞で怪しいものも結構多いので、信頼度では紙媒体に劣っているのは明白です。
雑誌や書籍に掲載される価値ある内容の記事作り・・・難しすぎますが。

 

まとめ

Googleからの「コンテンツと品質に関する質問」の意味は痛いほどよく分かりますね。
初心者が信頼のおけるオリジナル記事を書くのは難しいですが、これから頑張って少しでも近づいていきます!