【軽減税率】マクドナルドでは「持ち帰り」も「店内飲食」も同じ金額なの?

2019年10月1日から消費税が10%になります。
ただし、軽減税率制度というものが導入され、飲食料品は8%の税率のままに据え置かれます。
マクドナルドのハンバーガー類は飲食料品なので、すべて8%と思いきや、「持ち帰り」だけが8%で、「店内飲食」は外食として10%の消費税になります。
しかし軽減税率制度は、ややこしすぎます!

 

マクドナルドの消費税計算は、どうなってるの?

2019年10月1日から、マクドナルドも「持ち帰り」は8%の消費税で、「店内飲食」は10%の消費税になります。
ただし、マクドナルドの店内で消費者が実際に支払う税込価格は、「持ち帰り」も「店内飲食」も同一商品同一税込価格です。
なお、店内では税込価格だけが表示され、本体価格は分かりません。
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/shohizei/

 

え?「持ち帰り」と「店内飲食」では消費税率が違うのに、なぜ同じ支払金額になるの?

不思議でしょ。

どういう仕組みですか?

それは、「持ち帰り」と「店内飲食」の本体価格(消費税抜き価格)を調整するからです!
持ち帰りのときは本体価格が少し高く調整され、店内飲食のときは本体価格が安く調整されます。

 

レシートをもらえば、本体価格が分かります。

マクドナルドと同じ計算方法の店

松屋やサイゼリアなどもマクドナルドと同じ計算方法です。

消費者側から考えてみると、「持ち帰り」も「店内飲食」も同じ値段の方がいいですね。
差があると少し損した気分になりそうなので・・・